ダイレクト

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状がみられる位で済みますが、細菌感染から来ている場合は相当ひどい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高い発熱が特徴だといえます。
鍼灸のハリを気になる所に刺してもらう、というダイレクトな多数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスという通称の電気信号の伝達を引き起こすという見方が浸透しています。
筋緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝りが原因の日本人に多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような痛さ」「頭が重たいような痛さ」と表現されています。
前立腺という生殖器は生育や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても深く関わっていて、前立腺にできてしまったがんも同様に、雄性ホルモンの影響で成長してしまいます。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍化させたり変異を招く悪質な物質を体の内部で無毒化し、肝臓の力をより良くする特性が判明しているのです。
70才以上の高齢者や慢性的な持病をお持ちの方などは、特に肺炎を起こしやすく治るのが遅いというデータがあるので、予防の徹底や早めの受診が肝要なのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療従事者ではない普通の人でも扱うことのできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての応急処置の効き目を患者にもたらします。
一般的には骨折を起こさない程の僅かな圧力でも、骨のある決まった所に何度も繰り返していつまでも力が加わることにより、骨折が起こってしまうことがあるので油断できません。
基礎代謝(BM)とは人間が横になっていても燃えてしまうエネルギーのことですが、大方を様々な筋肉・最大の臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で占めるというのが今や常識となっています。
健康を推進するWHOは、UV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふ疾患を起こす可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を広く世界中に求めている最中です。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代〜30代の男の人多い傾向があって、大抵は股間の辺りだけに広がり、軽く運動したり、入浴後のように体が熱くなった時に激しいかゆみを誘引します。
もう既に歯の周りのエナメル質を減らすまでに酷くなってしまった歯周病は、多分進行具合そのものが沈静化したとしても、無くなった骨が元通りに構築されることは無いに等しいのです。
ばい菌やウィルスなどの病気を導く病原微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺へ入って感染してしまい、肺そのものが炎症を起こしてしまっている病状を「肺炎」というのです。
BMIを算出する式はどの国も同じですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ違っていて、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、25以上の場合は肥満、18.5未満の場合は低体重と決めています。
日常的に肘をついて横向きになったままテレビを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を履くということは身体のバランスを崩してしまう原因となります。