ダンディズム

関西弁で言う所の「エエカッコしい」と言うのがどうも苦手である。
と言うよりも嫌いと言う方が妥当か。
世間体や手前のカッコばかり気にしている様は滑稽を通り越して時に愚かしく見えることがある。
本人はそれが「格好良い」と、思っているのだろうが余計にそのギャップは端から見ればチャンチャラおかしい。

「カッコつけ」と言うのと「ダンディズム」は全く違う。
【ダンディズム】:1 おしゃれ、伊達(だて)に徹する態度。19世紀初め、イギリスの青年の間に流行したもので、その影響はフランスにも及んだ。
2 その男性の、生活様式・教養などへのこだわりや気取り。
と、辞書にあるぐらいだから相当に似ているように見えるが、全く違うだろう。

ヘヤースタイルを気にして1週間も髪を洗わずに整髪料だけで塗り固めたハゲたおっさん。
化粧ばかりに気にしてスッピンを絶対に見せないハイミス。
こういう人はそれなりに拘りがあるのだろうが、端から見て醜い。
と、少なくとには見える。