聴力

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、要は輪っかのようなまるい形をした紅い発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総称であり、素因は正にいろいろだといえるでしょう。
V.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを促すという特質が特に有名で、血液の中のCa濃度を操って、筋繊維の動き方を調整したり、骨を生成してくれます。
エイズウイルス、つまりHIVを持っている精液や血液の他、女性の母乳、腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口に接触する事で、HIV感染の危険性があります。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さは毎日少しずつ聴力が低下していきますが、普通還暦過ぎまでは聴力の減退をはっきり把握できません。
体を動かすのに必要なエネルギーとして速攻で使われる糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、過度の痩身ではこういった様々な活動を維持するために外すことのできない成分までもを減少させてしまう。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に販売される、まったく同じ成分で金銭的な自己負担が小さい(代金の廉価な)後発医薬品のことを意味しています。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する被害者の後追い調査の結果では、大人に比べると若い子供のほうが漏れてしまった放射能の悪い影響を受けやすくなっていることが読み取れます。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まってしまって、血液の流れが停止し、重要な酸素や栄養を心筋まで届けられず、ほとんどの筋細胞が死ぬという大変深刻な病気です。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値によって分かりますが、ここ数年の間に肝臓の機能が悪化している人が増加傾向にあるとのことです。
自分では骨折しているかどうか自信がない時は、違和感の残るポイントの骨をゆっくり押してみてください。もしその箇所に激しい痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
天然の化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓が分泌する解毒酵素そのものの産出活動を助けているかもしれないという真実が判明してきました。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけてしまうなど、皮膚に悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種があるのです。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山林の杉やヒノキ、ヨモギなどの虫によって媒介されない花粉が誘因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気であることは言うまでもありません。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な人にも現れることがあるため緊急の心臓の病気でないとはいえ、例えば発作が絶え間なく起こる時は危ない状態です。