酸化

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝りや首筋の凝り、張りが因子の最も一般的な頭痛で、「締め付けられる強い痛み」「ズシッと重苦しいような痛さ」と言い表されることが多いようです。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが食事や排尿等で一時的に増減するような時には、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が上昇するのです。
トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる効果が特に知られていると思いますが、加えて肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが知られています。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭くなってしまい、血液の流れが止まり、大切な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋繊維が機能しなくなるという重い病気です。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番よくある中耳炎で比較的子どもによくみられます。猛烈な耳痛や38度以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(みみだれ)などの耳の症状が出ます。
通行中の衝突事故や高い所からの落下など、非常に強い圧力が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が齎されたり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、重症の場合は内臓破裂してしまうこともよくあります。
汗疱というのは主に掌や足裏、又は指の間などにちっちゃな水疱がみられる症状で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に現れると足水虫と早とちりされることが結構あります。
四六時中ゴロンと横向きになってTV画面を見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴をよく履いたりといった習慣的なことは肉体のバランスを乱れさせてしまう原因となります。
塩分と脂肪分の摂り過ぎを中止して運動に励むだけでなく、ストレスのかかり過ぎない毎日を意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を事前に防ぐコツだといえます。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに代わり、平成24年9月1日より原則無料で受けられる定期接種となることによって、病院などで接種するというスケジュール管理の必要な個別接種の形に変更されています。
基礎代謝(BM)とは人間が横になっていても燃えてしまうエネルギー量であり、大部分を骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳で使うということはまだ広くは知られていません。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れてしまった後に発売されるもので、新薬と変わらない成分で負荷が小さい(薬の価格の高価ではない)後発医薬品のことをいいます。
下腹部の疼痛を主訴とした病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵管の疾患などがまず挙がるようです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有していない普通の人にも使用可能な医療機器で、本体からの音声ガイダンスに従ってケアすることで、心臓の心室細動の緊急処置の効き目をみせます。
30才代で更年期になるとしたら、医学的には「早発閉経(POF)」という病のことを指します(この国の場合は40才未満の女の人が閉経する症状を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼んでいます)。